SNOWcontemporary

EVERYDAY HOLIDAY SQUAD「渋谷の部屋」



SNOW Contemporaryでは『開閉しろ都市』と題して、2017年は11月17日よりEVERYDAY HOLIDAY SQUAD(エブリディ・ホリディ・スクワッド、以下EHS)『渋谷の部屋』、2018年1月12日からSIDE COREのディレクターの一人である、松下徹による『常磐の部屋』を開催します。EHSは彼らと行動を共にするSIDE COREと同様に、複数人のアーティスト達が関わるアーティストコレクティブであり、公共空間に存在する閉ざされた/不可視化されたレイヤーを、悪戯や落書きの延長線上の行為として可視化させる集団です。

EHSは、東京の不可視化された地下空間である暗渠(あんきょ)に潜り込み、誰も見ることができない壁画制作をしたドキュメント『unknown』(ANAGRA、2015)や、社会の中で不確定な存在として扱われるホームレスたちと共作した写真作品や立体作品『STREET MATTERS』(Block House、2017)などを発表。また石巻にて行われたReborn-Art Festival(2017)では夜間工事現場がスケートパークに置き換わる映像作品で、注目を集めました。
《rode work》, 2017, Reborn-Art Festival
《rode work》, 2017, Reborn-Art Festival

今回EHSは、渋谷の街が表象する社会の歪みに介入した新作を発表します。オリンピックによる再開発が進む渋谷の街で、かつては誰でも入れた公園も現在は白い壁が建てられ、誰も入れない場所となりました。EHSは公共施設のありかたに新たな視座を求める作品を発表します。また他の作品においては、近年取り締まりが厳しくなる自転車の駐停車の問題に着目し、放置自転車をパブリックアートへ変えるプロジェクトを展開します。その他の展示される作品も全て、この東京の街で、そして渋谷の街中で起こっている変化を読み解き、そこに介入していくことで作り出されます。今の渋谷は、かつての「若者の街、自由の街」というイメージとは異なります。しかしEHSはそのような現在の渋谷こそが、新たなストリートカルチャーが生まれる可能性を持った場所だと考えているのです。

展覧会は室内空間のみならず、SNOW Contemporaryの位置する西麻布の街、そして渋谷の街の中に作品をインストールします。彼らは彼らの参照元であるストリートに直接的に変化をしかけます。EHSは鑑賞者に変化した街を見せるのではなく、EHSが街を変化させていく過程を鑑賞者が見つめることで、彼らは鑑賞者との共犯関係を結びます。共犯関係は、19世紀には崩壊したと言われる公共圏を新たに作りだす行為、つまり大衆の感情や行動に悪戯をしかけることで、権力の無化を試みます。Squad roomは警官の執務室[点呼室・たまり場]を意味しますが、彼らは自分たちのSquad room(たまり場)を作る遊びをするのです。EHSが私たちに見せる現在の都市の変化を、ぜひご体感ください。


プレスリリース(pdf)はこちら

会 期:2017 年11 月17 日(金)から12 月22 日(金)
13:00 から19:00(日・月・火・祝休廊)
*日・月・火・祝日は休廊
オープニングパーティー:2017 年11 月17 日(金)18 時より20 時
会 場:SNOW Contemporary(港区西麻布2-13-12 早野ビル404)