SNOWcontemporary

飯沼英樹 + コーエン フェルミュール 「POEM」



(上)コーエン フェルミュール「YELLOW SUNSET」2019 紙にグアッシュ 40x55cm
(下)飯沼英樹「Sugata」2019 ヒノキ h71x23x15cmより部分

会期:2019年7月13日(土)~8月10日(土) 13:00 - 19:00
*日・月・火・祝日は休廊
オープニングレセプション:7月13日(土) 18:00 - 20:00
会場:SNOW Contemporary / 東京都港区西麻布2-13-12 早野ビル404


SNOW Contemporaryでは2019年7月13日(土)から8月10日(土)まで、飯沼英樹とコーエン フェルミュールによる二人展「POEM」を開催いたします。

飯沼英樹は、2002年愛知県立芸術大学大学院卒修了後、ナント国立美術大学(フランス)に入学し、2006年までヨーロッパ各地を拠点に活動していました。日本帰国後は、六甲山に屋外展示をした「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2013」から新宿LUMINEの店内展示や新宿の三越伊勢丹のウィンドウ、木彫作品約120点を出品した松本市美術館での大個展「戦ウ女神タチ」(2016)まで、既存のアートスペースにとらわれない様々な場所と機会で作品を展示し、その華やかで都会的な世界観が発表の度に大きな話題となってきました。

[左]「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2013」(六甲山)、 [右]「闘ウ女神タチ」(2016/松本市美術館) 撮影提供:松本市美術館

一方、1965年生まれのオランダ人画家であるフェルミュールは、1992年オランダ国立芸術アカデミーを卒業。その後、ドレスデン美術館(ドイツ)、アルテ・マイスター絵画館(ドイツ)、Gerhard Hofland(オランダ)など、世界各国の美術館やギャラリーなどで作品を発表し、2017年には母国オランダにて権威あるSacha Tanja Penning art awardを受賞しました。雨上がりの濡れた地面や夕暮れ時の長い影、夜明けの強い光などを背景に現代の人物像を組み合わせた作風は、伝統的なオランダの風景画とは異なり現代社会が抱える静かな孤独が感じられ、多くの共感と支持を得ています。

[左]「Sunset Blue, 2011, 100 x 200cm [右] Windflower, 2013, 200 x 250cm

飯沼が制作する木彫とフェルミュールが描く絵画。両者の表現メディアは異なりますが、10年以上の親交を通じて飯沼はフェルミュール作品における余白のある世界観に人間の営みや空気感を感じ、日本の俳句にも似た想像力の広がりを感じたと言います。飯沼作品においても飯沼自身の主観性を明示せず、観客に能動的な鑑賞を促す作品スタイルは、少なからずフェルミュールからの影響があると言えます。

この2人の展覧会は、2008 年にオランダで開催されてからおよそ 10 年ぶりとなります。まさしく詩(=POEM)のように現実をずらして表現することで形成される空気感や知覚の繊細さ、重なり合うストーリーなどを感じさせるフェルミュール作品を通じて、飯沼の創造する女性の強さや美しさの中に、これまでとは異なる新たな魅力を発見する機会となれば幸いです。

プレスリリース(pdf)はこちら

■作家略歴


飯沼英樹
1998 玉川大学文学部芸術学科彫刻専攻 卒業
1999-2000 アトリエ・デュ・カルーゼル、パリ(フランス)
2001 愛知県立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修士課程 修了
2001-2004 ナント国立美術大学(フランス)
   ※以下3校、ナント国立美術大学から、ヨーロッパ高等教育交流プログラム(ERASMUS)により留学。
   - 2002 カールスルーエ国立美術大学(ドイツ)
   - 2003-2004 ナーバ美術大学、ミラノ(イタリア)
   - 2004 デンマーク王立美術大学、コペンハーゲン(デンマーク)

■主な個展

2018「New works」マリアン・クラマー・プロジェクツ(アムステルダム/オランダ)
   「東京楽園」SNOW Contemporary(東京)
   「ヴィギリス マウンテン リゾート」(イタリア)
2017 「アマゾン ナイル タクラマカン」SNOW Contemporary(東京)
2016 「闘ウ女神タチ」松本市美術館(長野)
   マリアン・クラマー・プロジェクツ(オランダ)
2014 「6th Sense」SNOW Contemporary(東京)
2013 「ファッションの肖像」伊勢丹新宿店本館5階 アートギャラリー(東京)
   「カデンツ サーカス デカダンス」H.P.France Window Gallery(東京)
   「The Sweet Music of Life」銀座三越8階ギャラリー(東京)
2011 「美女」SNOW Contemporary(東京)
   「美女」SLANT(金沢)
2010 マリアン・クラマー・プロジェクツ(オランダ)
2006 ファビアン&クロード ワルター ギャラリー(スイス)
2005 エルンスト・パルラッハ賞展覧会(ドイツ)
   ファビアン&クロード ワルター ギャラリー(スイス)
2004 ギャラリー コーネリウス・ブレーザー(ドイツ)
2003 ヴィギリウス マウンテンリゾート(イタリア)
   ギャラリー コーネリウス・ブレーザー(ドイツ)
2002 メゾン・ピラウド美術館(フランス)
   ギャラリー コーネリウス・ブレーザー(ドイツ)
   ジェンティユ礼拝堂(フランス)

■ 主なグループ展

2018 「Echoes from the Past | Tokyo | Berlin | Kerava」ケラバ美術館(フィンランド)
2017 「ユニバーサル・ネーチャー:日本の現代美術家6名によるカレワラ展」セゾンアートギャラリー(東京)
2016 「LUMINE meets ART AWARD 2015」(東京)
   「Unveiling vol.1」SNOW Contepmorary(東京)
   「踊れ彫刻-覆面男と服好き女-」hpgrp Gallery Tokyo(東京)
   「next 信州新世代のアーティスト」伊那文化会館(長野)、銀座NAGANO(東京)
2015 「信州新世代のアーティスト展2014」長野県伊那文化会館(長野)
   「next 信州新世代のアーティスト展2014 in 銀座」銀座NAGANO(東京)
2014 「Red Bull Music Academy Tokyo 2014 ART」
   「たぐ展☆」松本市美術館(長野)
   「next 信州新世代のアーティスト」ホクト文化ホール(長野)
   「反戦-来るべき時代に抗うために」SNOW Contemporary(東京)
2013 「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2013」六甲山(兵庫)
   「3rd Exhibition AGAIN-ST」東京芸術大学絵画棟1階アートスペース1(東京)
2012 東日本復興支援アート&チャリティプログラム「KISS THE HEART#1」三越伊勢丹(東京)
   「明日は、はじめてみる今日」 SNOW Contemporary (東京)
   「LUMINE meets ART 2012」LUMINE池袋店(東京)
2011 「ask the wine」ハイネストビル2F展示室(京都)
   「TOKYO PARIS ROTTERDAM」Museum Tongerlohuys-(オランダ)
2010 「Featuring S(outh) E(ast) A(sia) -g27」ファビアン&クロード ワルター ギャラリー(スイス)
2009 「Uit Japan」ライデン大学メディカル・センター(オランダ)
2008 「Global Nomads」タニャ ルンプフ ギャラリー(オランダ)
2007 「Bird Watching」De Vishal(オランダ)
2004 コンクール ジュンヌクレアシオン、パリ(フランス)
   国際彫刻シンポジウム(ドイツ)
2003 エーシービーギャラリー(ハンガリー)
2002 レンヌ ビエンナーレ(フランス)
   国際彫刻シンポジウム(ドイツ)
   コレクティフ125(フランス)

■ 受賞

2016 LUMINE meets ART AWARD 2015 グランプリ(東京)
2013 六甲ミーツ・アート芸術散歩2013主催者特別賞(東京)
2005 エルンスト・バルラッハ賞(ドイツ)
2004 一等賞 国際彫刻シンポジウム、マルクノイキルヘン(ドイツ)
2001 フランス政府給費留学奨学金
1999 財団法人イノアック国際教育振興財団奨学金



Koen Vermeule(コーエン フェルミュール)
1965年生まれ。オランダ、アムステルダムを拠点に活動。
1983-1988 ティルブルグ(オランダ)で美術を学ぶ
1990-1992 国立芸術アカデミー(アムステルダム、オランダ)
1994 シャーロットケーラー賞(ビジュアルアーツ部門)受賞
1998-現在 
リートフェルトアカデミー(アムステルダム)、アカデミーミネルヴァ(フローニンゲン)、ArtEZ芸術大学(エンスケーデ)、王立美術アカデミー(デン・ハーグ)など、様々な芸術アカデミーでの客員講師や外部顧問として活動。

■主な個展

2015 「Wanderlust」ヴィッテンブリンクギャラリー(ドイツ)
2013 「Mirror Me」BORZOギャラリー(オランダ)
2012 「High above Ground」トゥヴェンテ国立美術館(エンスケーデ、オランダ)
   「Dreamer」ヴィッテンブリンクギャラリー(ミュンヘン、ドイツ)
2011 「Roaming」BORZOギャラリー(アムステルダム、オランダ)
2009 「Out and About」タニャ ルンプフ ギャラリー(オランダ)
2006 「Spinning」MasARTギャラリー(スペイン)
   「Nieuw werk」Steendrukkerij(オランダ)
2005 「Nieuw werk」タニャ ルンプフ ギャラリー(オランダ)
2004 「Wachten in stilte, Waiting in Silence」ベイヤード美術館(オランダ)
2003 「Zee & Land」タニャ ルンプフ ギャラリー(オランダ)
2002 「Naar Renesse」Plus Min(オランダ)
2001 「Septemberlicht」フリースランド州立美術館(オランダ)
2000 「Valderrobres」Steendrukkerij(オランダ)
   「Torsion Facil」タニャ ルンプフ ギャラリー(オランダ)
1996 「Unisono 1」スキーダム市立美術館(オランダ)

■主なグループ展

2015 「Koen Vermeule ? Bob Kovel」Gasunie(オランダ)
   「Wind Water Wad Museum Belvedere」オラニエウード(オランダ)
   「Koen Vermeule en Remco Dikken “I presume”」DAKユトレヒト(オランダ)
   「“PASSION” fan behaviour and art」ベタニエン キュンストラーハウス(ドイツ)
2014 「Een nieuwe koning, een nieuw portret 2014」アムステルダム国立美術館(オランダ)
   GMKD設立20周年記念「Architect ? Bus driver ? Two Bridges」ノイエ・マイスター絵画館(ドイツ)
2013 「Geteilt / Ungelteilt ? Kunst in Deutschland 1945 bis 2010」ノイエ・マイスター絵画館(ドイツ)
   「As tears go by」Cokkie Snoei(オランダ)
   「Cobra tot Dumas, Collectie De Heus ? Zomer」Singer Laren(オランダ)
   「Collectie Manders ? Naar Eenvoud en verstilling」ボメル・ファン・ダム美術館(オランダ)
2012 「Earthbound」Gerhard Hoflandギャラリー(オランダ)
2011 「Hollandse meesters in de 21ste eeuw」ロッテルダム芸術ホール(オランダ), Institut Neerlandais(フランス)スキーダム市立美術館(オランダ)
   「Collectiepresentatie SCHUNCK*」Glaspaleis(オランダ)
   「Tijdelijk verblijf」アスプルモン=リンデン城(ベルギー)
   「Das versprochene Land」ノイエ・マイスター絵画館(ドイツ)
2010 「Mars op Oostende」Mu.ZEE, (ベルギー)
   「Public Private Paintings」Mu.ZEE, (ベルギー)
   「Van Altink tot Zandvlied Diversiteit in de Nederlandse kunst van de twintigste eeuw」Tongerlohuys(オランダ)
2009 「Towing the line」Drawing Space(アメリカ)
   「Rites de Passages」SCHUNCK*, Glaspaleis(オランダ)
   「Exemplary」タニャ ルンプフ ギャラリー(オランダ)
   「Collectors’ Items, Contemporary Art from the Dutch government collection」the ABN-AMRO collection & ART¬ START, オランダ大使館(ロンドン)
2008 「Global Nomads」タニャ ルンプフ ギャラリー(オランダ)
2007 「Leve de schilderkunst! Terug naar de figuur」ロッテルダム芸術ホール(オランダ)
   「Too Near, Too Far」タニャ ルンプフ ギャラリー(オランダ)
   「Birdwatching」De Vishal(オランダ)
2006 「Kunst per post」Paleis Lange Voorhout(オランダ)
   「Room with a view ? De Bouwfonds Kunstcollectie」デン・ハーグ市美術館(オランダ)
   「Dicht bij huis」フリースランド州立美術館(オランダ)
2005 「Hedendaagse grafiek uit de Bouw¬ fonds kunstcollectie」Paleis Lange Voorhout(オランダ)
   「H x B x D, Rabo Kunstcollectie」デン・ハーグ市美術館(オランダ)
   「Frozen Fire」Museum Tongerlohuys(オランダ)
   「Moderne favorieten」ファルコフ美術館(オランダ)
2004 「4 Dutch Artists」ACB Contemporary Art Gallery(ハンガリー)
   「Holland in zicht, Vervreemding in het landschap」Harmoniecomplex RuG(オランダ)
   「Geen uitzicht zo ver, Hedendaagse landschappen」Stadsgalerij(オランダ)
   「Delicartessen」, Esther Montoriolギャラリー(スペイン)
   「Oneindige landschappen」ザイスト城(オランダ)、Loods 6/De Bagagehal(オランダ)

■受賞

Sacha Tanja Penning art award 2017