SNOWcontemporary

篠崎裕美子「SAMSARA」


「再化石」 2019, 陶・ガラス・リサイクルショップで買った壺, D25×W33×h38(cm)
photo : Satoshi Nagano

会期:2019年11月8日(金)~12月21日(土) 13:00 - 19:00
*日・月・火・祝日は休廊
オープニングレセプション:11月8日(金) 18:00 - 20:00
会場:SNOW Contemporary / 東京都港区西麻布2-13-12 早野ビル404


SNOW Contemporaryでは2019年11月8日(金)から12月21日(土)まで、篠崎裕美子による個展「SAMSARA」を開催いたします。

篠崎裕美子は1987年福岡県に生まれ、2011年に大阪芸術大学大学院修士課程を修了した陶芸家です。独特な造形手法により現代社会を表現するその世界観は、陶芸のジャンルを越えた現代表現として高く評価されています。篠崎はこれまでに、2017年SNOW Contemporaryでの個展「Red Data」をはじめ、「現代工芸への視点 装飾の力」(2009/東京国立近代美術館工芸館 東京)、「Red Bull Music Academy Tokyo」(2014/Red Bull本社 東京)など、美術館やギャラリー、オフィスや百貨店など様々な会場にて数々の意欲的なグループ展に参加してきました。

一見するとお菓子やおもちゃを連想させるカラフルでファンシーな表現でありながら、ひび割れや気泡のような表皮をまとった質感は、陶器でありながら生々しく有機的できわめて触覚的です。また、キッチュな作風の中にも現代社会が抱える問題や現象が潜んでいます。これまで篠崎は、インターネットにおいて氾濫しては消滅するポルノやアニメのイメージや、生物、ウィルス、細胞など人間の活動によって絶滅に追いやられた自然物を、陶やガラスなど半永久的な素材を使用した自らの陶芸作品に取り込むことで、それらが「存在していた」という証を打ち立て、永続的な「生命」をもたらしてきました。

[左右]不滅ポルノ, 2016

SNOW Contemporaryでは3回目となる本展において篠崎は、本来ならば時とともに商品価値が消滅する大量生産された日用品が、リサイクルショップでは新たな価値付けを期待して執拗に販売されている点に着目し、そのさまを本展のタイトルでもある「SAMSARA (サンサーラ/輪廻転生)」に例えました。本展では、消費を「輪廻転生」のごとく繰り返しているかのように残る日用品を用いて制作した陶芸作品約10点を公開する予定です。商品価値を持たなくなった消費財を再構築し、芸術作品へと昇華させる今回の試みは、どのような価値の転換を引き起こすのでしょうか。本展では、篠崎の大量消費社会への視点や、陶芸作家として日用品と芸術作品との境界線を意識した挑戦的な姿勢を感じ取ることが出来るでしょう。そして何よりも篠崎作品の持つ造形的な魅力を存分にお楽しみいただけると幸いです。「輪廻転生」を繰り返すリサイクル品のリサイクル(=価値の更新)への挑戦にご期待ください。

プレスリリース(pdf)はこちら


■篠崎裕美子 略歴

1987 福岡県生まれ
2009 大阪芸術大学 芸術学部工芸学科陶芸コース 卒業
2011 大阪芸術大学大学院 芸術研究科芸術制作専攻修士課程 修了

主な個展

2019「ハレノモノ」伊勢丹新宿店本館6階 アートギャラリー、東京
2018「Red Data」SNOW Contemporary、東京
2016「Neoplasm」SNOW Contemporary、東京
2015 「Yumiko Shinozaki Exhibition」 銀座三越 7階gallery、東京
2014 「Yumiko Shinozaki Exhibition」名古屋国際デザインセンター creators shop Loop、ソウル
2013 「キテレツハレム」 SHUHALLY文彩庵、横浜
2012 「Oh my God Agape!!!」 SHUHALLY文彩庵、横浜
   「篠崎裕美子展 - 泥とパティシエ -」 gallery O2、東京
   「篠崎裕美子展 - I am hungry -」 inaxガレリアセラミカ、東京

主なグループ展

2018「 Real - 陶芸の可能性 -」Yoshiaki Inoue Gallery, 東京
2017「Malformed Objects ? 無数の異なる身体のためのブリコラージュ」山本現代、東京
2016 「“KITAJIMA/KOHSUKE”#13 ~池と怪物編~」カタ/コンベ、東京
2015 「ARTS OF JOMON in AOMORI」青森県立美術館コミュニティーギャラリー、青森
2014 「Red Bull Music Academy Tokyo」Red Bull Music Academy、東京
2013 「tokonoma-Japanese "TOKONOMA" Style Exhibition」白白庵×gallery near、京都
   「ARTS OF JOMON」Denver International Airport、hpgrp hpgrp gallery NY、アメリカ
   「『Welcome to Parallel world...』ー丸岡和吾・篠崎裕美子 二人展ー」工房IKUKO、倉敷
2012 「生まれたてのかたち展」 銀座三越、東京
   「道後芸術温泉」 道後坊ちゃん広場、愛媛県
   「microcosmos ⇔ universe」neutron tokyo、東京
2011 「リアルRPG 合宿 るくる島黄金伝説」鵜来島、高知
2010 「アートどすえー京都物産展」Hidari Zingaro、東京
   「HAKATTANA へうげもの九州急襲 in HAKATA」 konya gallery松楠居(福岡)
   「2010アジア現代陶芸展」 弘益大学校現代美術館(韓国)
   「わくわくKYOTOプロジェクト」立誠小学校(京都)
2009 「現代工芸への視点 装飾の力」東京国立近代美術館工芸館、東京
   「アジア現代陶芸 新世代の交感展」 愛知県陶磁資料館(愛知)