河口龍夫
TATSUO KAWAGUCHI/河口龍夫

1940
兵庫県神戸市生まれ

1962
多摩美術大学絵画科卒業

1965
グループ「位」結成

1983
筑波大学芸術学系助教授(1991年同教授)

2003
筑波大学を定年退官、京都造形芸術大学大学院教授

2004
筑波大学芸術学系名誉教授、倉敷芸術科学大学教授

現在
金沢美術工芸大学 教授


■主な個展

1981
「河口龍夫展」アート・フロント・ギャラリー ( 東京 )

1984
-「河口龍夫」寛勲美術館 ( ソウル )
「青」雅陶堂ギャラリー竹芝 ( 東京 )

1986
-「今日の作家シリーズ 河口龍夫展」大阪府立現代美術センター

1989
-「関係―種子・農園」ヒルサイド・ギャラリー ( 東京 )

1990
-「今日の作家たち Today's Artists Ⅲ-'90」 神奈川県立近代美術館

1991
-「関係―植物」横田茂ギャラリー ( 東京 )

1997
-「関係―河口龍夫」千葉市美術館

1998
-「河口龍夫―封印された時間」水戸芸術館現代美術ギャラリー
-「呼吸する視線 河口龍夫 みえないものとの対話」いわき市立美術館

1999
-「河口龍夫―関係・京都」京都市美術館

2000
-「河口龍夫 関係―種子・生命」横田茂ギャラリー ( 東京 )

2003
-「河口龍夫 大地と水と植物」ヒルサイド・フォーラム ( 東京 )
-「日本現代美術 河口龍夫」釜山市立美術館 ( 韓国 )

2004
-「河口龍夫:関係―時のフロッタージュ」名古屋市美術館

2005
-「時間の時間 河口龍夫展」国際芸術センター青森
-「河口龍夫 関係―本」 横田茂ギャラリー ( 東京 )

2007
-「河口龍夫 見えないものと見えるもの」 兵庫県立美術館 名古屋市美術館同時期開催

2008
-「無限への立ち位置?河口龍夫の1970年代」 宇都宮美術館 ( 栃木 )
-< see saw seen 1973 > 横田茂ギャラリー ( 東京 )
「DARK BOX 2008―時間をもった闇」 名古屋市美術館 ( 愛知 )

2009
-「河口龍夫展 言葉・時間・生命」 東京国立近代美術館 ( 東京 )

2010
-「河口龍夫 螺旋の時」 加計美術館 ( 岡山 )

2011
-「November 2011 河口龍夫」 横田茂ギャラリー ( 東京 )

2012
-「光あれ!河口龍夫―3.11以後の世界から」 いわき市立美術館 ( 福島 )

2013
-<闇のなかで そして 光のなかで> 横田茂ギャラリー ( 東京 )

2014
-「河口龍夫 真珠になった種子 音になった種子」 ギャラリー門馬 ( 札幌 )

2015
-「河口 龍夫展」 横田 茂ギャラリー (東京)
-「河口 龍夫 垂直の時間、あるいは階段時間」 SNOW Contemporary (東京)
-「河口 龍夫 原稿用紙、本の中に」 NADiff a/p/a/r/t(東京)
-「河口 龍夫 闇の時間」 カスヤの森現代美術館(神奈川)
-「発芽までの待つ時間」 山鬼文庫(石川)
-「シーラカンス近く」 シーランカンス 毛利武士郎記念館(富山)

2017
-「アートドキュメント2017 河口龍夫展」金津創作の森(福井)
-「河口龍夫 垂直の音 と 階段時間」ギャラリー門馬(北海道)
-「Tatsuo Kawaguchi」Kayne Griffin Corcoran(Los Angeles, USA)

2018
-「河口龍夫 時間の質 あるいは 関係ー時間」横田茂ギャラリー(東京)
-「関係-鉛の郵便」SNOW Contemporary(東京)
-「河口龍夫 - ちのこうや」黒部市美術館(富山)
-「河口龍夫「1963年の銅版画より」」SNOW Contemporary(東京)

2019
-「河口龍夫 ときの羅針盤」磯辺行久記念越後妻有清津倉庫美術館(新潟)
-「河口龍夫〈関係〉の始まり」ART OFFICE OZAWA(京都)
-「関係?中原佑介、あるいは創造としての批評」アートフロントギャラリー(東京)


■主なグループ展

1965
-「グループ<位>展」神戸国際会館ギャラリー、
「アンデパンダン・アート・フェスティパル 現代美術の祭典」長良川

1970
-「東京ビエンナーレ1970 人間と物質」東京都美術館 京都市美術館

1973
-「第8回パリ・ビェンナーレ」パリ国立近代美術館 パリ市立美術館 「第12回サンパウロ・ビエンナーレ」サンパウロ美術館

1986
-「前衛芸術の日本」ポンピドウー・センター

1989
-「大地の魔術師」ポンピドウー・センター

1994
-「1945年以降の日本の美術」 グッゲンハイム美術館他巡回

2000
-「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2000」 新潟県

2002
-「大分現代美術2002 アート循環系サイト」大分市美術館
-;「美術の力ー時代を拓く7作家」兵庫県立美術館

2003
-「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2003」 新潟県

2004
-「再考 近代日本の絵画 美意識の形成と展開」東京都現代美術館
-「痕跡ー戦後美術における身体と思考」京都国立近代美術館 東京を巡回
-「グループ<位>展」兵庫県立美術館

2005
-「東京府美術館の時代 1926ー1970」 東京都美術館

2007
-「美術のおくりもの」富山県立近代美術館
-「水のかたち」茨城県近代美術館

2009
-「日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭 2009」新潟市
-「水都大阪2009」大阪市
-「現在美術も楽勝よ。」水戸芸術館現代美術ギャラリー
-「眼をとじて?“見ること”の現在」茨城県近代美術館

2010
-「瀬戸内国際芸術祭2010」小豆島(香川)
-「岡山・美の回廊」岡山県立美術館

2011
-「これは本ではない―ブック・アートの広がり」うらわ美術館

2012
-「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012」新潟県

2013
-「二年後。自然と芸術、そしてレクイエム」 茨城県近代美術館

2015
-「Re: play 1972/2015 ?「映像表現 ’72」展、再演」国立近代美術館

2017
-「奥能登国際芸術祭」石川県珠洲市 飯田地区
-「ヒックリコ ガックリコ ことばの生まれる場所」アーツ前橋・前橋文学館(群馬)

2019
-「真鶴町・石の彫刻祭 Festival MANAZURU SCULPTUED STOED ?本小松石?」(神奈川)


■パブリックアート

1973
- "宇部市 ときわ公園"
1980
- "神戸市 花と彫刻の道"
1994
- "東京都立川市 ファーレ立川"
2000
- "新潟県松代町"
2003
- "まつだい雪国農耕文化村センター"
2005
- "国際芸術センター青森"


■受賞

1974
第一回井植文化賞 ( 文化芸術部門 ) 受賞

2008
第15回日本現代藝術振興賞受賞

2017
第58回毎日芸術賞受賞

2020©SNOW Contemporary, All Right Reserved.