日野之彦
HINO KOREHIKO/日野之彦

画家。
1976年 石川県輪島市生まれ。東京都在住。
うつろに見開いた目に半開きの口、幼児的なポーズをとった言いようのない不安定な人物像を描く。 圧倒的な迫力と同時に、技術に裏付けされた精緻な描写、デフォルメされた細部は絶妙のアンバランスさを醸しだし、 現代社会で誰もが抱えている社会への不安や虚無、狂気といった時代の空気を正確に表現することに成功している。

1999
-筑波大学芸術専門学群美術専攻洋画コース 卒業
2001
-筑波大学大学院芸術研究科美術専攻洋画分野 修了
2006-2007
-インド シャンティ二ケトン滞在
現在
-多摩美術大学 講師


■個展

2019
-「高い所」SNOW Contemporary(東京)
-「Scenes」La bella citta(釜山 / 韓国)

2018
-「外へ」SNOW Contemporary(東京)

2016
- 「Statue」SNOW Contemporary(東京)

2014
- 「Scenery as is」SNOW Contemporary(東京)

2011
-「日野之彦 ー 春の人」第一生命南ギャラリー(東京)
-「日野之彦 ー そこにあるもの」上野の森美術館ギャラリー(東京)

2010
-「Wandering and Questioning」上海美術館(中国)

2007
-ガレリア・グラフィカ(東京)

2006
-ガレリア・グラフィカ(東京)

2004
-東京都庁第一本庁舎3階 南側空中歩廊(東京)
-ガレリア・グラフィカbis(東京)

2003
-ガレリア・グラフィカbis(東京)

2001
-銀座スルガ台画廊(東京)


■グループ展

2019
-THE 37th KOREA GALLERIES ART FAIR 2019(ソウル / 韓国)

2018
-ART ASIA 2018 (ソウル / 韓国)
-「アート遊覧紀行 -自然の人間をめぐって-」群馬県立館林美術館(群馬)

2016
-「Unveiling vol.1」SNOW Contemporary(東京)

2015
-「デッサン展 / Dessins」ZEIT - FOTO SALON(東京)

2014
-「Storytellers」SNOW Contemporary(東京)

2012
-「明日は、はじめてみる今日」 SNOW Contemporary (東京)

2011
-「七問」Mizuma & One Gallery (北京/中国)

2010
-「"Beyond the Border" 日中当代芸術交流展」
Tangram Art Center(中国)

2009
-「neoneo展 Part1[男子] ネオネオ・ボーイズは草食系?」
高橋コレクション日比谷(東京)

2008
-「中日現代美術展」上海美術館(中国)

2007
-「ヘイリアジア青年作家プロジェクト」ヘイリ芸術村(韓国)
-「東京画ーささやかなワタシのニチジョウのフーケイ」
トーキョーワンダーサイト渋谷(東京)

2006
-「ライフ」水戸芸術館現代美術ギャラリー(茨城)

2005
-「平成16年度文化庁買上優秀美術作品披露展」日本芸術院会館(東京)
-「VOCA展2005」上野の森美術館(東京)
-「第24回 損保ジャパン美術財団選抜奨励展」
損保ジャパン東郷青児美術館(東京)
-「第1回 ポチョン・アジアン・アート・フェスティバル」(韓国)

2003
-「トーキョーワンダーウォール公募2003」
東京都現代美術館(東京)

2002
-「第20回 伊豆美術際絵画公募展」伊東市観光会館

2000
-「第9回 青木繁記念大賞公募展」
石橋財団石橋美術館/郡山市立美術館

1999
-「第6回「風の芸術展」ビエンナーレまくらざき」
枕崎市文化資料センター南溟館


■受賞

2005
-「VOCA展2005」 VOCA賞

2003
-「トーキョーワンダーウォール公募2003」トーキョーワンダーウォール賞

2002
-「第20回 伊豆美術際絵画公募展」大賞

2000
-「第9回 青木繁記念大賞公募展」大賞

1999
-「第6回「風の芸術展」ビエンナーレまくらざき」佳作賞


■収蔵

筑波大学 石橋財団石橋美術館 伊東市観光会館 第一生命保険株式会社 文化庁 上海美術館 高橋コレクション


http://www.geocities.jp/kolehikohino/
2020©SNOW Contemporary, All Right Reserved.