SNOWcontemporary

HITOTZUKI「ALTERRAIN」



”Planet bouquet“
“POW! WOW! LONG BEACH 2016″(2016年7月10日〜17日/228 E Broadway Long Beach, CA 90802)
撮影:Brandon Shigeta


SNOW Contemporaryでは2016年12月16日(金)から2017年1月28日(土)まで、HITOTZUKIの個展「ALTERRAIN」を開催いたします。
HITOTZUKIは、リズミカルで力強いラインを描くKamiとシンメトリーなモチーフを繊細な色彩で描くSasuによるアーティスト・ユニットです。それぞれにソロとして活躍していましたが、1999年より共同制作をスタートさせ、初期はアメリカのストリートアートの代表的なムーブメントの1つ「Barnstormers」で活動。ヨーロッパ各国のミュラルムーブメントの発展に参加し、2004年イギリス URBIS美術館にて開催された「Ill Communication Ⅱ」に出品。その後日本においてもオルタナティブスペース「大図実験」への参加をはじめとし、2005年には「X-COLOR / Graffiti in Japan」(水戸芸術館現代美術センター)、2010年には「六本木クロッシング:芸術は可能か?」(森美術館)に出品しています。また台湾やベトナム等、アジア各国においても壁画を制作。世界各国のストリートアートの第一線に壁画表現を開拓し、いずれも高い評価を得ています。
ビルの壁面などの建造物にペイントする行為は、70年代NYから始まったグラフィティ文化を経由しながら、現在は街中を通る全ての人に向けられたストリートから発信されるアートとして認識されつつあります。地域の風景を一変させ、時にはその土地のアイデンティティとして機能することもあり、大きな影響力をもつこのアートは、場の気配や人々の文化、その土地の「今そこ」をとらえ記録する行為でもあり、街とアートは密接な関係を結ぶこととなります。
HITOTZUKIの壁画もそのような意味において、公共空間のルールやストリートカルチャーのコミュニティーの価値観などをめぐる様々な状況に対し、対話と交渉を続けることによって自らの表現を練り上げてきました。また、HITOTZUKIの壁画作品で描かれるモチーフは、二人の生い立ちや、関わりを持った文化からの影響を綿密に取り入れて生み出されたアイデンティティーの象徴であり、壁画制作のプロセスは、身体を使いフリーハンドで壁に直に描き進めて行くアクション的な行為を通じて壁画として記録されます。
本展ではタイトルを「Alterrain」とし、新作のキャンバス作品を発表いたします。 「Alterrain」は全地形型という意味をもつ「All Terrain」と「alternative(新しい、もう一つの選択)」をあわせた意味をもつHITOTZUKIによる造語です。これまでに国内外の様々な場所にて制作を続けてきたHITOTZUKIですが、様々なシーンをクロスオーバーしながら活動の場を開拓し、地域に入り新たな風景を作りだす制作活動は、状況に対応しながらも時には全地形型のタイヤのように突き進む機動力も必要であったに違いありません。本展では、ユニット結成時から一貫して変わらないHITOTZUKIの制作への姿勢そのものをあらためて表明する展覧会となります。
ギャラリー空間で展開されるHITOTZUKIの個展にご期待の上ご高覧いただけましたら幸いです。

プレスリリース(pdf)はこちら     

会期:2016年12月16日(金) – 2017年1月28日(土) 11:00 – 19:00 
*日・月・祝日・冬期休暇中(2016年12月23日~2017年1月4日)は休廊
オープニングレセプション:12月16日(金) 18:00 – 20:00
会場:SNOW Contemporary / 東京都港区西麻布2-13-12 早野ビル404


展覧会風景


HITOTZUIKI 略歴

KAMI (1974年生まれ)と SASU
(1974年生まれ)によるアーティストユニット。

【主な壁画】
2016 “POW! WOW! HAWAII 2016”ハワイ、カカアコ
        "MURAL "KOFU MURAL PROJECT” 山梨中央銀行、山梨
        "POW! WOW! LONGBEACH 2016”ロングビーチ、カリフォルニア
2015 “MURAL"EVIDENCE CLOUDS" BEPPU PROJECT、大分
        “MURAL” 山梨
        “MURAL” Chemin du bonheur、山梨
        “POW! WOW! JAPAN 2015” 天皇州アイル、東京
2014 ‘MURAL "FLY AWAY"’ アスナル金山、名古屋
        “DANCING AT THE WALL 1,2” キースヘリング美術館、山梨
        “MURAL "MIZU-KAGAMI" 飛騨金山、岐阜
2013 “MURAL "A POSTED SCENERY" 東京
        “MURAL”、 横浜
2012 “QUALITY TIME WITH ART” THE BASE TAIPEI、台湾
2011 “MATSUDO ART LINE PROJECT” 松戸
2009 “URBAN ART GUIDE” ベルリン
2008 “AKASAKA ART FLOWER” 東京
        “NAMES FEST” プラハ / チェコスロバキア
        “OYKOT” GINZA GRAPHIC GALLERY、東京
2007 “桜木町 ON THE WALL“ 横浜
        世田谷区民ホール、千歳烏山
2006 “OUTSIDES” ウパター/ドイツ
2005 “BERLIN-TOKYO STREET ART EXPO” トウキョウワンダーサイト、東京
2004 ‘BARN STORMERS “CATALYST"’ Contemporary Museum Honolulu、ハワイ
2001 ‘BARNSTORMERS “NO CONDITION IS PERMANENT”’ SMACKMELLON GALLERY, BROOKLYN、ニューヨーク
2000 “BARNSTORMERS” ノースキャロライナ

【主な個展】
2013 “PORTATION" PINEBROOKLYN、大阪
        “ABILIGHT" THE JAPAN FOUNDATION CENTER, HANOI、ハノイ
2011 “CONTINUUM" 72 AND SUNNY, ロサンジェルス
2010 “OMINI" BACKWOODS GALLERY、メルボルン
2006 “TOKINOWAMAWARUTOKINOWA” FIFTY24SF GARALLEY, サンフランシスコ
2005 “LAND" GALLERY POINT、東京
2003 “KAMI + SASU EXPO” 90SQM GALLERY、アムステルダム

【主なグループ展】
2016 ‘"THE MOTHERSHIP RETURNS” P-FUNK TRIBUTE ART SHOW’ MELTDOWN COMICS、ロサンゼルス
2015 “ポストペインティング展” 西武渋谷美術画廊、東京
        “POP&STREET” 西武渋谷美術画廊、東京
2012 “PUBLIC FAIR NO.1” K11、香港
2011 “ART FOR TOMORROW” トウキョウワンダーサイト、東京
2010 “六本木クロッシング2010” 森美術館、東京
        “BASARA” スパイラルホール、東京
2009 “CULTIVATE” DIESEL STORE HONG KONG、香港
2007 “GINZA TOROPICALIA”SUSHI SAMBA、マイアミ
2005 “URBAN EDGE SHOW” ミラノ
        "X-COLOR” GRAFFITI IN JAPAN” 水戸美術館、茨城
2004 “BARNSTORMERS SHOW” SECCA MUSEUM、ノースキャロライナ
        “ILL COMMUNICATION II“ URBIS MUSEUM、マンチェスター
2003 “STREET WISE 2”、ベルリン

【コマーシャル】
2016 MORTAR TOKYO(店舗内壁、外壁) 原宿
        WYNWOOD ARCADE(複合施設内壁、外壁)マイアミ
2014 Perrier "Inspired by street art” / 限定ボトル / Perrier (SASU)
2013 BURTON RAIL DAYS(スノーボードコンテスト用のセクションへのペインティング) / BURTON JAPAN
        PANASONIC CENTER(ウインドウ ディスプレイ) グランフロント大阪 / Panasonic
        "BACK IN THE POOL”(ウインドウ ディスプレイ) MAISON HERMES GINZA
        NHK 生きる伝説 "きわめ人” TVセット / NHK (KAMI)
2011 MINI "GO-EDGY" campaign / BMW JAPAN (KAMI)
        agnes. b “ART FACADE PROJECT” アニエスb.青山、東京
2005 Nike PRESTO ASIA CAMPAIGN / NIKE (SASU)