SNOWcontemporary

河口龍夫「垂直の時間、あるいは階段時間」

photo : Sadamu Saito 2015

SNOW Contemporaryでは2015年5月2日(土)から17日(日)まで、河口龍夫の個展を開催いたします。
河口龍夫は1960年代から精力的に作品を発表し続け、現在もなお最前線で活躍し国内外より高い評価をうける、日本を代表する現代作家の1人です。
河口はこれまで一貫して、物と物、あるいは物と人などの相互の関係性をテーマとしてきました。その関係性には、時間や生命、あるいはエネルギーなど無限の可能性を秘めた概念が横たわり、目に見る事が出来ません。河口はその目に見えない関係そのものを作品を通して実在させることで、可視化が困難な概念を鮮やかに提示します。「芸術は精神の冒険」であると河口は言いますが、彼の作品世界は常に観る者の五感を刺激し、新たな想像の世界へと我々をいざないます。
本展では、1970年に東京ビエンナーレにて初めて発表した「陸と海」以来、関心をもって度々テーマとしている時間について再考察しながら、階段という物質を媒体として時間そのものの概念へ近づきます。河口がみせる精神の冒険世界の中で想像を広げ、豊かな時を過ごしていただければ幸いです。

会期/ 2015年5月2日(土) – 17日(日) 12:00 – 19:00 *月曜休廊
*5月2日(土) [この日のみ、20:00まで開廊]
アーティストトーク:17:00~18:00
オープニングレセプション:18:00 – 20:00

会場:SNOW Contemporary(XYZ collective) /東京都世田谷区弦巻2-30-20 1F

* 本展は河口龍夫「原稿用紙、本の中に」展(NADiff a/p/a/r/t・4月29日~5月31日)との平行開催となります。
* 本展にあわせて河口龍夫作品集「垂直の時間、あるいは階段時間」を出版いたします。

立体・平面などの新作を約30点、出品予定です。

河口龍夫「垂直の階段、あるいは階段時間」(2014年12月14日)より抜粋

階段と芸術について書き始めたが、果たして階段と芸術は関係があるのか全く無関係であるのか定かではない。あえて階段を上り下りのための、つまり空間の上下移動をする機能と実利的にとらえるだけでなく、階段を彫刻ととらえ、あるいはもう少し広く芸術として比喩的にとらえてみることもあながち無意味なことだけではなかろうと考えたのである。断るまでもないが、このことは単純なレディメイド論を反芻しようとしているのではない。
 階段は上ったり下りたりする時、その行動を起こす人の体重が移動することになるが、同時に、当然のことながら視点の移動を伴うことを忘れてはならないのではないかと考える。普通、歩行する時平坦な道では視線は平行移動を行うが、坂道や階段では視線は上下移動を行う。水平移動の場合の1メートルの移動は1メートルの視界の変化を伴うのが常であるが、だとすれば1メートルの上下移動においても上下に視界が変化するはずである。視界の水平移動と視界の上下移動のにはただ単に移動の変化に伴う視界の変化だけなのであろうか。なるほどその通りだとも言える。だが水平移動と上下移動の場合、微妙な大地との関係の在り様に変化があるようにも思われる。水平移動の場合は大地との関係は平行移動であるが、上下移動の場合は大地との関係は近づいたり離れたりすることになる。その大地との関係の考察においても、水平移動の場合には水平時間が流れる。とすれば、上下移動の場合には垂直時間といってよいような階段時間が占有するとみるのはどうだろうか。このように階段はその微妙な変化を思考するのに格好の装置・形態なのではなかろうか。階段において上り下りするという機能を残しながら、精神的な対象物とするために階段を階段のまま彫刻、もう少し広く芸術とすること。あるいは芸術として感じさせるように創造することは可能なのだろうか。

撮影:木奥恵三

河口龍夫 略歴

1940 兵庫県神戸市生まれ
1962 多摩美術大学絵画科卒業
1965 グループ「位」結成
1983 筑波大学芸術学系助教授(1991年同教授)
2003 筑波大学を定年退官、京都造形芸術大学大学院教授
2004 筑波大学芸術学系名誉教授、倉敷芸術科学大学教授
現在、金沢美術工芸大学 教授

◇個展
1981 「河口龍夫展」アート・フロント・ギャラリー ( 東京 )
1984 「河口龍夫」寛勲美術館 ( ソウル )
         「青」雅陶堂ギャラリー竹芝 ( 東京 )
1986 「今日の作家シリーズ 河口龍夫展」大阪府立現代美術センター
1989 「関係―種子・農園」ヒルサイド・ギャラリー ( 東京 )
1990 「今日の作家たち Today's Artists Ⅲ-'90」 神奈川県立近代美術館
1991 「関係―植物」横田茂ギャラリー ( 東京 )
1997 「関係―河口龍夫」千葉市美術館
1998 「河口龍夫―封印された時間」水戸芸術館現代美術ギャラリー
         「呼吸する視線 河口龍夫 みえないものとの対話」いわき市立美術館
1999 「河口龍夫―関係・京都」京都市美術館
2000「河口龍夫 関係―種子・生命」横田茂ギャラリー ( 東京 )
2003 「河口龍夫 大地と水と植物」ヒルサイド・フォーラム ( 東京 )
         「日本現代美術 河口龍夫」釜山市立美術館 ( 韓国 )
2004 「河口龍夫:関係―時のフロッタージュ」名古屋市美術館
2005 「時間の時間 河口龍夫展」国際芸術センター青森
         「河口龍夫 関係―本」 横田茂ギャラリー ( 東京 )
2007 「河口龍夫 見えないものと見えるもの」 兵庫県立美術館 名古屋市美術館同時期開催
2008 「無限への立ち位置−河口龍夫の1970年代」 宇都宮美術館 ( 栃木 )
           < see saw seen 1973 > 横田茂ギャラリー ( 東京 )
         「DARK BOX 2008―時間をもった闇」 名古屋市美術館 ( 愛知 )
2009 「河口龍夫展 言葉・時間・生命」 東京国立近代美術館 ( 東京 )
2010 「河口龍夫 螺旋の時」 加計美術館 ( 岡山 )
2011 「November 2011 河口龍夫」 横田茂ギャラリー ( 東京 )
2012 「光あれ!河口龍夫―3.11以後の世界から」 いわき市立美術館 ( 福島 )
2013   <闇のなかで そして 光のなかで> 横田茂ギャラリー ( 東京 )
2014 「河口龍夫 真珠になった種子 音になった種子」 ギャラリー門馬 ( 札幌 )

【主なグループ展】
1965 「グループ<位>展」神戸国際会館ギャラリー、
         「アンデパンダン・アート・フェスティパル 現代美術の祭典」長良川
1970 「東京ビエンナーレ1970 人間と物質」東京都美術館 京都市美術館
1973 「第8回パリ・ビェンナーレ」パリ国立近代美術館 パリ市立美術館
         「第12回サンパウロ・ビエンナーレ」サンパウロ美術館
1986 「前衛芸術の日本」ポンピドウー・センター
1989 「大地の魔術師」ポンピドウー・センター
1994 「1945年以降の日本の美術」 グッゲンハイム美術館他巡回
2000 「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2000」 新潟県
2002 「大分現代美術2002 アート循環系サイト」大分市美術館
         「美術の力ー時代を拓く7作家」兵庫県立美術館
2003 「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2003」 新潟県
2004 「再考 近代日本の絵画 美意識の形成と展開」東京都現代美術館
         「痕跡ー戦後美術における身体と思考」京都国立近代美術館 東京を巡回
         「グループ<位>展」兵庫県立美術館
2005 「東京府美術館の時代 1926ー1970」 東京都美術館
2007 「美術のおくりもの」富山県立近代美術館
         「水のかたち」茨城県近代美術館
2009 「日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭 2009」新潟市
         「水都大阪2009」大阪市
         「現在美術も楽勝よ。」水戸芸術館現代美術ギャラリー
         「眼をとじて−“見ること”の現在」茨城県近代美術館
2010 「瀬戸内国際芸術祭2010」小豆島(香川県)
         「岡山・美の回廊」岡山県立美術館
2011 「これは本ではない―ブック・アートの広がり」うらわ美術館
2012 「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012」 新潟県
2013 「二年後。自然と芸術、そしてレクイエム」 茨城県近代美術館

【パブリックアート】
1973 宇部市 ときわ公園
1980 神戸市 花と彫刻の道
1994  東京都立川市 ファーレ立川
2000 新潟県松代町
2003  まつだい雪国農耕文化村センター
2005 国際芸術センター青森

【主な受賞暦】
1974  第一回井植文化賞 ( 文化芸術部門 ) 受賞
2008 第15回日本現代藝術振興賞受賞