SNOWcontemporary

金 理有「宇宙的恐怖」

この度 SNOW Contemporaryは、金理有の個展「宇宙的恐怖 / awes for the cosmic」を開催いたします。
日本人の父と韓国人の母のもと、1980年に大阪府に生まれ、2006 年に大阪芸術大学大学院芸術制作研究科修士課程修了した金理有(きむ りゆ)は、現代日本を代表する若手陶芸家の一人です。表面を埋め尽くす幾何学模様の溝や、メタリックに光る黒や燻銀色の釉、そして眼光鋭い「ひとつ目」。これまでの陶器にはない金のこうした独自の作風は陶芸界にとどまらず、「ヨコハマトリエンナーレ 2011」や自らがキュレーションを担当した「ARTs of JOMON」(hpgrp NY)等、数多くの個展やグループ展に出品し、現代美術界からも高い評価を得てきました。
大学時代から長く陶芸を学んできた金は、縄文土器が持つ生命力に強く惹かれると同時に、ヒップホップをはじめ、グラフィティ、タトゥー、ラップやヒューマンビートボックス、DJ、SF映画など、同時代のストリートカルチャーにも大きく影響を受けたと言います。特に、毎日のように通ったクラブでの光景は「日常生活の抑圧を洗い流す祭祀空間で、パフォーマーは特殊な技芸を披露する巫女のよう」に見えていたようです。土器そのものが生命体であるかのような古代的な土着性や、陶器とは思えぬメタリックで工業的な近未来性が一つの作品内に融合されている様は、こうした金の実体験から生まれ、強い説得力をもって観る者に迫ります。
この度の個展のタイトルである「宇宙的恐怖」は、アメリカの小説家であるハワード・フィリップス・ラヴクラフトが理想に掲げたSFホラー小説の概念です。金はラヴクラフトが提唱した、人一人の力を大きく超える存在や出来事に直面した時に誰もが抱えるであろう不安や葛藤-つまり「宇宙的恐怖」̶から着想を得、その概念を視覚化した作品群を展開・発表する予定です。多くの人が常に正体のない不安や葛藤を抱えて生きている現在、金理有が本展を通じてみせる世界観は一体どのようなものなのでしょうか。そして伝統的ジャンルである陶芸によって表現される「現代」とはいかなるものでしょうか。本展にて展開される金理有作品がもつ物語性や創造性、強烈な生命力を体感していただければ幸いです。

プレスリリース(pdf)はこちら

会期:2013 年 11 月 15 日(金) ‒ 12 月 1 日(日) 12:00‒20:00 *月曜休廊
オープニングレセプション:11 月 15 日(金) 18:00 - 20:00
会場:SNOW Contemporary (XYZ collective) / 東京都世田谷区弦巻 2-30-20 1F

展覧会風景

撮影:土田佑介

金理有(Kim Riyoo) 略歴

1980 日本人の父、韓国人の母のもと大阪府に生まれる
2004 大阪芸術大学 芸術学部工芸学科陶芸コース卒業
2006 大阪芸術大学大学院 芸術制作研究科修士課程修了 / 同大学院芸術研究科研究員 2007 同大学院非常勤助手
現在、大阪府在住。

◇主な個展
2013「土師カバネ」六本木ヒルズA/Dギャラリー(東京)
2012「掟破」SHUHALLY(神奈川)
2011「金理有×SHUHALLY大茶会」SHUHALLY(神奈川)
       「捨象美術/Art of abstraction」neutron tokyo(東京)
2010「Ceramics as new exoticism」INAXガレリアセラミカ(東京)
       「八面六臂」neutron tokyo(東京)
       「麒麟幽」neutron(京都)
2009「臨界点」neutron Tokyo(東京)
       「色即世代」gallery TAO(東京)
2008「R.I.P」neutron(京都)

◇主なグループ展
2013「ARTs of JOMON」hpgrp NY(アメリカ)
2012「美の予感」髙島屋美術画廊・日本橋 *その後、名古屋、京都、大阪、横浜、新宿を巡回。
2011「イケヤン☆展」neutron Tokyo(東京)、小山登美夫ギャラリー(京都) その他各地にて
       「ヨコハマトリエンナーレ2011」横浜美術館(神奈川)
2010「BASARA」スパイラルホール(東京)
       「アート光州」金大中コンベンションセンター(韓国)
       「試みの茶事/北の丸大茶会」東京近代美術館工芸館(東京)
       「シブヤスタイル」西武渋谷店美術画廊(東京)
2009「へうげて、暮らすか」HOTEL CLASKA(東京)
       「神戸ビエンナーレ2009」現代陶芸展準大賞受賞、神戸メリケンパーク(兵庫)
2007「とよた美術展‘07」豊田市美術館(愛知)
2005「国際陶磁器展美濃’05」セラミックパークMINO(岐阜)
       「CONTACT4」滋賀県立近代美術館(滋賀)
2004「秩序と反秩序」比良美術館(滋賀)
       「第5回益子陶芸展」益子陶芸美術館(栃木)